2010年

7月

12日

OTIS‘萩原の独り事10`06/1~30

健康状態  (^O^)

    マド山本、グッドロッキンブラザーズ
    マド山本、グッドロッキンブラザーズ

 ・ライブ

 

  6/12日のライブは、マドモアゼル・山本と

 

  グッドロッキンブラザーズ、でした。

 

  マドモアゼル・山本君のギターはなかなか

 

  のものでした。

 

  パフォーマンスにもあふれ、ギターテクニック

 

  もあり、私は好きだな。

 

  田辺スパンのブルースピアノはよかったです、

 

  名古屋にはこれだけのブルースピアノを弾ける人はいないのじゃないかな?

 

  

          ニューオーティスバンド
          ニューオーティスバンド

  6/26日はニューオーティスバンド

 

  でした。横山(g.vo)村上(b)

 

  丹羽学(g.vo)カヨちゃん(dr)

 

  というメンバー。

 

  これから素晴しい演奏を楽しみに

 

  しています。

 ・お客さん

 

  6月の初めの頃に久し振りに

 

  近藤房之助がライブ帰りに顔を

 

  出してくれました。

 

  相変わらずジュークボックスを

 

  かけて大声で歌い、飲んで大騒ぎ

 

  本当に元気です!

 

  房之助の顔を見るとなにかホッと

 

  しますね。それから10年振り位にリー・ケイコちゃんが顔を見せてくれました。

 

  今はすっかり日本での女性ジャズヴォーカリストNo1

 

  昔はよく一緒に飲んだり、店にも顔を出してくれてましたが、今は本当に

 

  忙しい毎日だと思う。

 

  久し振りに会ったけど、全然昔と変わらないのがうれしかったです。

 

  昔話に華が咲きました。(バリバリの名古屋弁)

 

 ・オープンハウス物語 其の九

 

  その当時の尾関ブラザーズは、関西は優歌団、名古屋は尾関ブラザーズという

 

  感じでした。優歌団に尾関ブラザーズが曲を提供したりしていました。

 

  尾関の兄貴は今でも音楽活動をしています。残念ながら弟は若くして亡くなり

 

  ましたが・・・・、

 

  近藤房之助を中心に名古屋でも素晴しいブルースバンドが活躍していました。

 

  またオープンハウスはそういうアマチュアバンドの発表の場を提供するのが

 

  目的でしたし、ブルース音楽をもっと沢山の人にも受け入れてもらうために

 

  レコードも頑張って集めていました。

 

  名駅の近くにエスミレコード店が開店する時にも、そこの店長が店にやって来て

 

  どういうブルースレコードを置いたらよいかと相談された時には、なかなか個人

 

  では集められないレーベルを教えたり、例えばヤズーとかブルースクラシックス

 

  とか、その当時戦前ブルースのレコードもアッと言う間に売れていましたね。

 

  中日ビルにオーレックスホールと言うのがあって、頼まれてそこでブルース

 

  レコードコンサートをやったりとか、今では信じられない。  つづく