2010年

5月

07日

OTIS萩原の独り言 10'4/1~4/30

・健康状態 (;-_-)

 

 

4月に入って体調がすぐれず、ブログもなかなか更新できなくて、私自身もあせっていま

 

した。

 

 

・ライブ

 

4/24日のライブでザ・ウエプシーズを聞きました。堀内学(vo,g)角田健太(vo,g)渡辺

 

久範(ds,cho)3人編成でギター2本とドラムス、ハウンドドックテイラーを意識したグルー

 

プ。20代後半と30代の若者のメンバーでスライドギターもなかなかのもので、久し振り

 

にハウンドドックテイラーの曲を聞き楽しいライブでした。さわやかなブルースバンドって

 

感じで、これから期待できるバンドです。がんばって下さい。

 

 

・お客さん

 

 

4/17日には私の女房の季節の食材を使った料理を食べるという催しを今回で4回目にな

 

ると思うけど3ヶ月に1回ぐらいでやっています。まあなかなか好評でこれからも続けてい

 

こうと思っています。今回は昔からの常連さんが集まってくれました。皆んなの顔を久し

 

振りに見ると何かほっとします。たまには顔を見せて欲しいな~と思っています。

 

 

 

・オープンハウス物語 其の七

 

 

'72年から'73年にかけて名古屋でのライブ事情は当時名古屋で積極的に活動してた呼

 

屋に祭企画というのがあって、社長は青木キョウコさんでした。いつもオープンハウスに

 

出入りしていました。祭企画の企画で名古屋で初めてだと思うけど関西で活躍していたブ

 

ルースバンドと名古屋のブルースバンドコンサートを千種の理容会館でやりました。その

 

当時の出演バンドは、ブルースハウスブルースバンド、オープンハウスブルースバンド、

 

ホワイ、その他にも何バンドかが出ていました。そのライブでの衝撃はブルースハウスブ

 

ルースバンドでした。ヴォーカルに入道、ギター 服田洋一郎、ベースはまだもっちゃんで

 

はなかったと思うけどわかりません。ドラムに小川君。その演奏はこれぞブルースって感

 

じで当時の若い名古屋のブルース好きの少年達に感銘を与えた素晴しいコンサートでし

 

た。

 

つづく