2010年

3月

02日

OTIS`萩原の独り言10` 2/16~2/28

健康状態  (^O^)

 

 ・ライブ

  ロワンビラ
  ロワンビラ

 

  2/20日のライブは、アフリカのジンバブエの民族楽器を使った

 

  ロワンビラという4人グループ、ンビラと言う楽器をつかってアフリカの

 

  大地が目に浮かぶような、ヴォーカルとンビラ、マラカス、ドラムス、ベース、

 

  女性ヴォーカルのコーラスと踊り、初めて聞く音楽だったので心地よい

 

  ライブでした。

Myki
Myki

  2/27日のライブは、Myki、小川翔のギターとマイキちゃん

 

  のヴォーカルのデュオ。

 

  相変わらずマイキちゃんと小川のギターが息もピッタリ合って

 

  良かった!マイキちゃんのブルース、R&B、ジャズの

 

  スタンダードと幅広い選曲、マイキちゃんスタイルのヴォーカルはなかなかのもの

 

  でした。今回は声が良くでていましたね。

 

 ・お客さん

 

  今月は北海道からのお客さんが来てくれました。

 

  このお客さんは、札幌でバーをやっている松竹谷清の紹介で来てくれました。

 

  松竹谷清は今でも音楽活動をして頑張っていますね。名古屋迄はなかなか

 

  来てはくれませんが、私も昔から好きなミュージシャンです。最近では吾妻さん

 

  のCDに入ってました、聞きましたよ。

 

  今月末の26日金曜日に久し振りにミズーリー石川君が来てくれました。

 

  4年振り位ですか?オープンハウス時代からの付き合いで30年以上になりますね、

 

  私のブログを見て懐かしくなって移転した店に初めて来てくれました。

 

  私のブログを見て来店してくれるって事は本当に嬉しいかぎりです、ありがとう!!

 

 ・オープンハウス物語 其の五

 

  72年の末位だったと思いますが突然近藤房之助が店に現れて、オープンハウス

 

  で仕事をやりたいと言ってきました。それまでは京都で着物の柄のデザインの

 

  仕事をしていたと言っていました。

 

  私はその当時弟とその友達なんかで店をやっていましたが、全員学生だったので

 

  卒業でやめる人ばかりで、タイミング良く房之助が店に入ってくれました。

 

  又、房之助はブルース大好きでいろんな面で私の片腕として、これから頑張って

 

  ブルースを広めて行こうと思った時期でした。

 

  当時名古屋でもいりなかにライブというブルース喫茶も出来たり、京都のザコ

 

  よくオープンハウスに遊びにきてくれました。私たちも京都まで行ったり、大阪

 

  のブルースの店や、サカネ楽器で輸入盤のレコードをまとめて買ってきたり、

 

  情報を集めたり、レコードを集めるのに必死でした。

 

  そういう状況のなかで永田さんに直接、ヨーロッパやアメリカにメールオーダー

 

  をする方法を教えてもらい、房之助とがむしゃらに集めました。

 

  当時は船便じゃないと送料が掛かり過ぎるので船便で注文、届くのに約2ヶ月

 

  待ちに待ったブルースのレコードが届いたときのあの感激は今でも忘れる

 

  事は出来ません!   つづく